PAGE TOP

クルマ社会が提唱する将来のサービス(引用元:TOYOTA HackCarsDays2014作品)

インフォメーション
2016.03.10(木)
大阪市との実証実験「クルマのビッグデータを活用した安全な街づくり」
の特設ページを公開しました。
http://www.vehicledata.projects.toyota-itc.com/osaka_jikken.html
2015.10.19(月)
紗倉まなさんのハッカソンレポートに、
"Hack Cars Days 2015"の参加レポートを追加しました。
http://www.vehicledata.projects.toyota-itc.com/report_sakura.html
2015.09.21(月)
ハッカソン「クルマと道の未来を描く もっと! しずみちinfo」
好評受付中です。豪華賞品を用意しています。ふるってご参加下さい!
https://mashupawards.doorkeeper.jp/events/30965
2015.09.20(日)
『HackCars Days 2015 〜Automotive × Telematics Hackathon〜 Powered by #MA11』
大盛況にて終了しました。開催レポートは次のURLにて、ご覧ください。
http://mashupaward.jp/2015/09/hackcarsdays/
2015.07.07(火)
『HackCars Days 2014 アプリ ダイジェスト』
の動画を公開しました。
2015.02.18(水)
4.ハッカソンレポートに
『GUGEN モノづくりハッカソン「未来のクルマ」』
『特別ゲスト・紗倉まなさんのレポート』
『特別ゲスト・JulieWataiさんのレポート』の項目を追加しました。
ものづくりハッカソン「未来のクルマ」
2015.01.27(火)
IoTとクルマを連携したアプリを考える”ものづくりハッカソン”
「未来のクルマ」を、2015年1月17,24,25日に開催しました。
多くの方に参加いただき、ありがとうございました。
2014.12.19(金)
「クルマ情報WebAPIプロジェクト」のWebサイト(本サイト)を
立ち上げました。ゆっくりと、ご覧ください。

NEW!
危険運転/場所データ分析システム

クルマのビッグデータ(2014年12月時点:検証サーバー)を活用した様々なアイデアを元に、
サービスやアプリのプロトタイプ開発が進んでいます。

便利・快適「キミはなんでも知っているんだね。助かるよ!」

car

例えば、街を走っているトヨタ車の
ワイパーの動きを調べて、あるエリアの雨の状況を
リアルタイムで知らせるサービスなど、
クルマの利便性を高めます。

life

自宅や外出先にいるときにも、局地的なゲリラ豪雨や
雨の降り具合の移り変わりが手に取るように分かり、
散歩やちょっとしたお出かけにも便利です。

クルマや暮らしを便利にするサービス、アプリの一覧
アプリ一覧はこちら

安全・安心「たしかにそのとおり!大丈夫、気をつけるから」

クルマや暮らしを便利にするサービス、アプリの一覧
アプリ一覧はこちら
car

例えば、事故多発地点などの危険情報を使った
ヒヤリハットマップの表示や、
運転情報を利用した運転アドバイスなど、
より安全なクルマの運転をサポートします。

life

自宅や学校周辺で事故の多い交差点や危険な時間帯が
一目で分かり、近所の方たちと安全対策を話しあったり、
子供たちやお年寄りに注意を促したりできます。

楽しみ「こんなにクルマに乗るのが楽しくなるなんて」

car

例えば、子供が操作するハンドルガジェットの動きと
親(ドライバー)の運転を比較して、
運転のシンクロ率を表示するなど、
車内での過ごし方が楽しくなります。

life

目的地に到着した後や自宅に帰った後で、
楽しかった休日や夏休みのドライブの様子を
旅先の友達や留守番の家族にも
リアルに追体験してもらえます。

クルマや暮らしを便利にするサービス、アプリの一覧
アプリ一覧はこちら

エコ「本当にいいガソリンスタンドを紹介してもらえたよ」

クルマや暮らしを便利にするサービス、アプリの一覧
アプリ一覧はこちら
car

例えば、クルマの残燃料や
沿道のガソリンスタンド情報を連携させて、
おすすめのガソリンスタンドがその場で見つかるなど、
エコドライブを実現します。

life

最安値のガソリンスタンドや
特典サービスのあるガソリンスタンドをチェックでき、
ドライブ計画を立てるのにも便利なだけでなく、
家計の負担も軽減されます。

PAGE TOP

トヨタビッグデータプロジェクトへの想い

トヨタ車ビッグデータ相関図

「クルマの情報」を集めたビッグデータを活用すれば
様々な新しいサービスを提供することが可能です。
それはクルマの運転を「安全・安心」「便利」「エコ」にするための
従来の機能を拡張するだけではなく、例えば
「事件・事故のない安全な世の中」
「2020年東京オリンピックに向けた快適なインフラ整備」
「最適な立地へのレストラン出店」
「子供がゲーム感覚で運転を学ぶことができる」

など、新しいサービスを実現するための原石技術となります。
またクルマはみなさんが所有するものですから、
みなさんは情報の受信者だけではなく情報の提供者でもあるのです。
私たちはクルマのビッグデータを活用して新しいIoTの社会を
みなさんのために、みなさんと一緒に創り出していきたいと考えています。


株式会社トヨタIT開発センター
開発・調査部
クルマ情報WebAPIプロジェクトリーダー
長田祐

PAGE TOP

「クルマ情報WebAPI」(2014年12月時点:検証API)は、
走行中のトヨタ車から様々な情報を取得するための仕組みです。
GPS位置情報や、車速やエンジン回転数、ドアの開閉、ワイパー動作、水温などの「クルマ情報」、
あるエリアにおけるワイパー操作状況、急ブレーキ発生状況などの「統計情報」を取得して、
クルマ向けのサービスやアプリの開発に利用することができます。

クルマ情報WebAPIの仕組み
PAGE TOP

トヨタIT開発センターでは、「クルマ情報WebAPI」を活用した新しいサービス、
アプリの創出に向けて、国内および海外で定期的にハッカソンを開催しています。

Toyota HackCars Days
2014 in Tokyo
詳しくはこちら
Toyota HackCars Days
2014 in Tel Aviv
詳しくはこちら
Toyota ITC Connected
Vehicle Hackathon 2014
(Silicon valley, USA)
詳しくはこちら
GUGEN
モノづくりハッカソン
「未来のクルマ」
詳しくはこちら
※リンクはPDFファイルが開きます
Special Report
紗倉まなさんが自身の人気ブログで「HackCars Days 2015」、
モノづくりハッカソン「未来のクルマ」を取り上げてくれました!
レポートは右記アイコンをクリック!
Special Guest
モノづくりハッカソン「未来のクルマ」に
特別ゲストとして、JulieWataiさんが参加してくれました!
レポートは右記アイコンをクリック!
PAGE TOP

本件に関するお問い合わせ、協業のご相談などは
下記アドレスまでお気軽にどうぞ。

Mail:bigdata@jp.toyota-itc.com
Tel:03-5561-8200

PAGE TOP